地図から高校を探す(検索結果)

4校が該当しました。

高校条件検索を利用して、地域・高校の生徒数・費用などを検討のうえ一番適切な留学先を見つけましょう。

[検索条件]
州:ノースカロライナ州


該当件数4件中、1~4件を表示しています

高校名 高校の種類 所在地 入学難易度 おすすめ度 生徒数 学費+寮食費
1 1Asheville School 高校の種類:共学・私立高校 所在地:ノースカロライナ州 入学難易度:非常に難しい おすすめ度:かなりおすすめ 生徒数:約290人 学費+寮食費:約52,000ドル
2 2Christ School 高校の種類:男子・私立高校 所在地:ノースカロライナ州 入学難易度:難しい おすすめ度:おすすめ 生徒数:約290人 学費+寮食費:約49,000ドル
3 3Saint Mary's School 高校の種類:女子・私立高校 所在地:ノースカロライナ州 入学難易度:難しい おすすめ度:かなりおすすめ 生徒数:約270人 学費+寮食費:約52,000ドル
4 4Salem Academy 高校の種類:女子・私立高校 所在地:ノースカロライナ州 入学難易度:難しい おすすめ度:かなりおすすめ 生徒数:約170人 学費+寮食費:約46,000ドル

『アメリカ高校ランキング』で検索できるボーディングスクールについては、ボーディングスクールとは?を参考にしてください。


ワンポイント

ノースカロライナ州ってどんなところ?

東は大西洋に面し、西はアパラチア山脈に接しています。そのため土地の高低差が大きいことが特徴の州です。「働き者の州」という異名があって、平野部はタバコの産地として発展してきました。南部では最もリベラルな州ともいわれ、進歩的な気風で知られます。古くから芸術振興に力を注いできた州でもあります。州都であるローリー、ダーラム、そしてチャペルヒルの3都市を結ぶトライアングルは、学術・研究における拠点として、「東のシリコンバレー」ともいわれます。その一端を担うUniversity of North Carolina-Chapel Hillは、全米で最初にできた公立大学として特筆され、またローリーは最もPh.D保有者の多い都市といわれています。


ノースカロライナ州の高校や留学についてのご相談は、40年の経験と実績を持つアメリカ留学の専門家、栄 陽子留学研究所にご相談ください。

資料請求はこちらから東京:03-3224-0777 大阪:06-147-6950