アメリカの高校システム

ボーディングスクールを卒業して

アメリカのボーディングスクールを卒業すると、その後の進路としては大きく二つの道が考えられます。

まず、アメリカの大学に進学する道です。ボーディングスクールを5~6月に卒業して、その年の9月にアメリカの大学の1年生として入学します。ボーディングスクールはそのほぼすべてが大学進学校ですので、アメリカの大学進学にあたっては十分な指導とサポートを得られます。

もう一つは、日本の大学に進学する道です。アメリカの高校に2年以上在校して卒業した場合、帰国子女枠もしくは一般受験枠で、日本の大学を受験することになります。ボーディングスクールを卒業した翌年の4月に入学するのが一般的ですが、最近は秋入学を認める大学が増えています。また書類審査や面接を取り入れたり、アメリカの高校生が受けるSAT ®というテストを審査項目の一つとするなど、日本の大学の入試のありかたも多様化しています。


ワンポイント

学校選びのために

※ボーディングスクールのことをもっと知りたい! という人には、公立高校とボーディングスクールへの留学の違いなども解説する高校留学講演会(参加無料)への参加がおすすめです。
また、高校留学についてまとめた『アメリカ高校への道』では、準備の仕方・出願の仕方に加え、リーダー育成中心で、自分で考え・決断する力を養う、アメリカの教育の理念や考え方についても解説しています。アメリカへの留学を考える際には一度読んでおくと、留学の難しさ良さ、そして楽しさが分かるでしょう。


このページの先頭へ