アメリカの高校生活

アメリカの高校における勉強1・科目のとり方

自分だけのカリキュラムを組む

ボーディングスクールでは、その学校で提供しているたくさんの科目の中から受講する科目を選んで自分だけのカリキュラムをつくります。必修科目と選択科目があって、カリキュラムづくりはアドバイザーの先生に相談しながら決めます。科目ごとに教室が異なり、毎授業クラスメイトや先生の顔ぶれが変わります。座席も決まっていません。10年生(日本でいう高校1年生)の留学生の時間割の例を見てみましょう。

「10年生の時間割」

どんな科目を学ぶのか

アメリカのボーディングスクールは、そのほぼすべてが大学進学校ですから、そこで学ぶ科目は、アメリカの大学に進学するにあたって必要な学力を身につけられるだけの内容・レベルのものです。具体的には、9~12年生の4年間に学ぶ科目として、

英語4年間
数学3年間
理科2年間
歴史2年間
外国語3年間
芸術1年間

以上の分野を必須としているのが一般的です。加えて、キリスト教系の学校であれば、神学を必須としています。インターンシップやボランティアが必須となっているボーディングスクールもめずらしくありません。

必須科目とは別に、選択できる科目もバラエティに富んでいます。とくにアートや音楽、演劇の科目はボーディングスクールではとてもよく整っています。ほかにもコンピュータ、コミュニケーション、心理学、犯罪科学など、学校によってさまざまな科目を選択できます。

また科目によっては、AP(Advanced Placement)といって、上級レベルのものがあります。AP科目をとるためには、下位レベルの科目で良い成績を修めなければならず、またそのためのテストにパスしなければなりません。それだけAP科目はむずかしく、課題もたくさんあるのですが、AP科目でよい成績をとると、大学の単位として認められ、またそれなりの実力がついていることを示すことにもなるので、とくに名門大学を狙っている生徒はできるだけ多くのAP科目をとろうとします。

ボーディングスクールによって、開講しているAP科目の数や科目はさまざまです。開講しているAP科目の数が多いことは、そのボーディングスクールがアメリカの大学進学への指導に力を注いでいることの一つの指標になるともいえるでしょう。

AP科目の数が多いボーディングスクール
学校名 AP科目の数
St. Andrew's School (DE) 35科目
The Perkiomen School (PA) 28科目
The Taft School (CT) 28科目
Flintridge Sacred Heart Academy (CA) 27科目
Episcopal High School (VA) 26科目
Lake Forest Academy (IL) 26科目
Verde Valley School (AZ) 26科目
Choate Rosemary Hall (CT) 25科目
Kent School (CT) 25科目
Mercersburg Academy (PA) 25科目
Wyoming Seminary (PA) 25科目

このページの先頭へ